投資家向けのリスクアドバイザリーおよびデューデリジェンス

お客様のポートフォリオや戦略におけるデューデリジェンスの実施や運用リスクの軽減を支援します。運用機関、カストディアン、その他のサービスプロバイダーを評価し、お客様の意思決定とガバナンス目標の達成をお手伝いします。また、社内の業務を見直して、マーサーのベストプラクティスに沿っているかを確認することもできます。
運用デューデリジェンスは投資にとって極めて重要です

投資ポートフォリオの構築と維持には、多くの部門で多大な作業が必要です。最も重要な分野の1つは、業務デューデリジェンスです。サービスプロバイダーを事前に詳しく理解しようとすることは、多層的なプロセスであり、かつ重要なことです。運用機関を指名する際、運用デューデリジェンスによって、その投資戦略、体制、リソース、ポリシー、システムなどのエッセンスを理解することができます。

デューデリジェンスを実施する際、私たちが最も重視するのは、適切に管理された資産運用会社やカストディアンなどのサービスプロバイダーを、お客様が不必要なリスクやコストの増加にさらされる可能性のある会社から区別できるようにすることです。これらのプロバイダーの評価を支援し、リスク軽減についてサポートします。 

サービスプロバイダーを評価する際の考慮事項

新しい運用機関をポートフォリオに加えるたびに、新しい組織と新鮮な関係を築くことができます。これにより、課題、リスク、機会がもたらされます。

私たちは、リスクを管理しながら投資目標を達成するために、強固な運用デューデリジェンスプロセスを持つことが、お客様の組織を最良の状態にするために不可欠であると考えています。 

マーサーの広範な評価により、よく管理され、強固でよく管理された運営環境を持つ資産運用会社と、不必要なリスクやコストにさらされる可能性のある資産運用会社を区別することができます。

カストディアンの任命は、最も重要な関係の1つに入ることを意味します。お客様のカストディアンは、お客様の資産の安全性、正確な処理、投資データの管理について最終的な責任を負っています。これには、投資の日常的な運用を支えるすべての管理機能が含まれます。

当社の経験上、カストディアンが現在および将来のニーズに合致していることは、組織の成功にとって不可欠です。安全で健全な投資管理と内部統制は、投資協定の事実上すべての側面の基盤です。

堅固な業務デューデリジェンスプロセスの4つの段階

堅牢な運用デューデリジェンスプロセスにより、ビジネス目標をサポートする最適な プロバイダーを指名しようとする際、あらゆる違いを生み出すことができます。4つの重点領域が、必要な情報を明らかにするのに役立ちます。
  1. 運用モデルを理解する 
    運用機関(または他のプロバイダー)の運用モデルを全体的に理解する必要があります。この最初の段階では、組織の資質、文化、優先事項についてトップレベルの視点を得る必要があります。
  2. オンサイトミーティングを実施する 
    サービスプロバイダーの職場環境を直接探ることは、その文化を評価し、ビジネスがあなたの任務とより広範な目標をサポートする適切なレベルのリソースを持っているかどうかを確認するときに役立ちます。可能であれば、オンサイトミーティングを行うことで、最初の調査結果を検証し、妥当性を確認することができます。 
  3. 調査結果を文書化する 
    オンサイトレビューが完了したら、調査結果を文書化し、意思決定を裏付ける追加情報を記録することが重要です。運用上のデューデリジェンス結果の正確な記録は、規制当局や利害関係者に対するプロセスの堅牢性を実証するのにも役立ちます。
  4. 次のステップを計画する 
    徹底的かつ適切に文書化されたプロセスを確立したら、後続の行動を取り、懸念のある分野をフォローアップする態勢を整える必要があります。業務上のデューデリジェンスの結果は、特定のリスク選好に従って正しい意思決定をすることに自信が持てるようになるはずです。
運用上のデューデリジェンスのニーズをどのようにサポートできるか 
投資業界での豊富な経験を活かし、お客様の要件をより深く理解するお手伝いをいたします。マーサーは、業界慣行の独自のデータベースや分析ツールなど、深い洞察基盤にアクセスできます。50名のプロフェッショナル1チームは、太平洋、北米、ヨーロッパ、アジアの各地域に拠点を置いています。 
  • オペレーショナルリスク評価
    マーサーは、ガバナンス要件と予算を満たす運用デューデリジェンスプロセスの開発を支援します。マーサーのベストプラクティスに対する当社の評価プロセスと独自のベンチマークは、お客様のニーズに合ったサービスプロバイダーの選択とモニタリングに役立ちます。 
  • オペレーショナルリスクコンサルティング
    運用デューデリジェンスの枠組みを活用して、お客様の投資プロセスにおける運用の改善点を評価し、提案することができます。既存の運用モデルが、同業他社と比較して適切かつ競争力があるかを理解するのに役立ちます。
  • カストディアンコンサルティング
    カストディアン選定に関する助言において、豊富な経験があります。マーサーの評価プロセスとベストプラクティスに対する独自のベンチマーキングは、お客様のニーズに最適なサービスプロバイダーを選択するというお客様のミッションに役立ちます。
  • 証券貸出
    投資による費用対効果を最適化するプログラムの構築を支援すると同時に、リスクを軽減し、パフォーマンス目標を達成するための適切な貸し手を確保します。 
  • 継続的なモニタリング
    投資に関連するオペレーショナルリスクの継続的な管理を確実に行うため、継続的なモニタリングの確立を支援します。
  • ローカルな専門知識
    世界中にサポートするプロフェッショナルが在籍しています。お客様と、お客様のサービスプロバイダーが業務を行うさまざまな規制管轄内で遭遇する可能性のある地域的なニュアンスを評価することができます。 
デューディリジェンスでグローバル保険会社をどのように支援したか

あるグローバルな保険会社および運用機関は、110社以上のサードパーティ運用機関のポートフォリオに対する運用デューデリジェンスのサポートを求めていました。

内部監査により、外部資産マネージャーとの関係に対する堅固な運用デューデリジェンスとモニタリングの必要性が明らかになりました。これには、ガバナンス構造、企業要因、企業の評判、コンプライアンス、運営、環境、社会、ガバナンス(ESG)能力の分析が含まれていました。また、クライアントは、潜在的な懸念領域を強調するためのリスクスコアリング・システムも求めていました。

運用デューデリジェンス・プロバイダーは、膨大な数の資産運用会社に対処するだけでなく、クライアント自体の複雑な性質に対処するために、規模と専門知識を必要としていました。 

クライアントのステークホルダーと密接に協力することで、高いレベルのプロフェッショナリズムと技術的能力を示すことができました。

さまざまな運用デューデリジェンスを組み合わせることで、クライアントはタイミングと予算の要件を満たすことができました。

既存のオペレーショナル・デューデリジェンス・レポートのデータベースは、レガシーや新しい外部マネージャーの任命に関する意思決定に役立ち、クライアントにとって重要な役割を果たしました。

グローバルにあらゆるタイプのマネージャーを対象とした、運用デューデリジェンスに対する、私たちの強固なアプローチを際立たせています。

It's all here: MercerInsight®Community

戦略的リサーチレポートの検索

マーサーや運用会社を含む投資業界全体のソートリーダーから、ご投資家様の関心に合わせた戦略的リサーチレポートが入手できます。メンバーシップ登録は無料です。

コミュニティに参加する

マーサーの知見を活用する

$16.45T

グローバルな助言資産16.45兆米ドル

$354Bn

3,450億米ドルのグローバルな運用資産2

12K+

12,400を超える投資戦略の評価3

7K+

運用機関カバレッジ7,000社以上4

*1 2022年6月30日、 2023年3 月3 1日、3 2022年6月30日、 4 2022年6月30日

関連情報



    デューデリジェンスのスペシャリストに連絡する