新しい仕事の形は、すべての人にとってフレキシビリティのあるものです 

ビジネスイベントに出席する若者の多民族グループ、ラップトップを使用する若者、ネットワーキング、自己改善、学習    
ビジネスイベントに出席する若者の多民族グループ、ラップトップを使用する若者、ネットワーキング、自己改善、学習    

COVID-19により世界中が巻き込まれたある種の社会実験は、より柔軟な仕事の形の可能性を提示しました。しかし、現実はそれほど単純ではありません。

フレキシビリティはリモートワークやハイブリッドワークだけにとどまりません。フレキシビリティの原則は、時間給労働者やナレッジワーカーであっても、ビジネスや従業員のニーズを満たすためにさまざまな方法で実践できます。それは、競争条件を平準化し、多様性を高め、グローバルな流動性を促し、スキルを最優先し、俊敏性を高め、AIを含むテクノロジーを活用する機会を提供します。しかし、一貫性、コミュニケーション、公平性、企業カルチャー、つながり、ウェルビーイングに関する課題も伴います。
マーサーが実施した、2023年7月のリアルタイム・インサイト調査では、雇用主の大多数(71%)が既存のフレキシブルな勤務方針に固執している様子が描かれています。現場での日数を増やしているのは13%に過ぎず、減らしているのは10人に1人以下(7%)でした。しかし、このトレンドは変わるかもしれません。
マーサーの2023年7月のリアルタイム・インサイト調査

フレキシビリティという点では、私たちは岐路に立たされています。雇用主の中には、現場での時間を増やすよう求める人が増えているのはそのためでしょう。あるいは、イノベーションを起こしトランスフォーメーションを実現することを目的に、常識を打ち破り飛躍するチャンスだと考える人もいます。 

雇用主はどのようにすれば、その組織にとって最適な方法で前進できるのでしょうか? 明確な意図を持つことは、フレキシビリティをうまく実装するための鍵となります。リーダーは自らのスタンスを明確にし、各職務の目的、そして柔軟性がどのようにそれに適合するかということと共に、それが従業員にもたらす利点を伝える必要があります。

フレキシビリティに関する課題を解決するための背景やアイディアについて、レポートをダウンロードいただけます。

関連トピック

関連提供サービス
    関連インサイト