次のディールまでに取るべき5つのステップ 

3人の女性起業家がボードルームでミーティング
3人の女性起業家がボードルームでミーティング

HR M&Aに関して考慮すべき5つの重要事項

ビジネスリーダーが買収時のシナジー効果や買収価格、今後の事業戦略に注力する中、人事的な側面はしばしば見落とされます。効果的な統合施策の実行を成功させるには、人事は人的資本経営に基づくアプローチを推進する上で戦略的な役割を果たす必要があります。経験豊富な組織にとっては、これは必要不可欠です。しかし、ほとんどの組織は経験値が必ずしも高くないため、ないため、こうした重要な側面を見逃してしまいます。

マーサーの調査によると、10件のディールのうち7件が目標達成に失敗しており、そのうち50%近くが人事関連の問題によるものでした。M&Aは、経験豊富で準備の整った組織にとっても、難題となります。人事部門は、M&Aにおける人事デューデリジェンス通して、この難題をうまく乗り切る手助けをすることができます。

効果的な戦略的パートナーとなるには、人事は早い段階からこのプロセスに関与し、初日から人事戦略を推進する準備を整える必要があります。人事がディールロジックに対して最善のサポートを提供するのに重要な5つの考慮事項は次のとおりです。

  1. 効果的な人事ガバナンス、プレイブック、オペレーティングモデルの構築
    包括的な人事ガバナンスモデルは不可欠です。このアプローチは、買い手のディールロジックに合致し、ディールロジックの主要な信条を直接的に支持するものでなければなりません。そうでなければ、ディールの目的が達成されず、残念な結果に終わる可能性が高いといえます。包括的なアプローチは、人材に関する明確な意思決定につながり、事業目標に影響をおよぼす、従業員のオンボーディングや統合におけるリスクを低減させます。統合アプローチの検討プロセスに主要なステークホルダーを関与させることは、アプローチが健全であることを明確にし、関係者の賛同を強めます。
  2. 統合フィロソフィーを組織カルチャーに合わせる

    通常、買収は3つの異なるフィロソフィーによって特徴づけられます。

    • ポートフォリオ — 統合に伴わない自律的な事業を表します。
    • 部分統合 — 一般的に統合のレベルには、営業戦略や市場開拓戦略、統合された組織設計、構造、プロセス、バックエンドシステムやレポーティングの統合のいずれかまたは複数が含まれます。
    • 完全統合 — すべての重要なプロセスや機能は、買い手の現状を反映した単一の統一されたアプローチに統合されます。組織は、取得した組織の側面を採用するか、新しいアプローチを作成するかを選択できます。これは、人事デューデリジェンス戦略によって決定されます。
  3. ハイパフォーマーを特定し、チームのスキルアップを積極的に図る
    ディールへの備えには、適切な人事の専門家やリーダーを特定し、さらにはトレーニングが求められます。すべての人事に関わるメンバーが自分の役割と責任を完全に理解していると確認することで、知識とのギャップを防ぎ、円滑かつ迅速なスタートを切ることができます。M&A Readinessのトレーニングは他の人事上の課題に取り組むためにも効果的です。
  4. 強固なHR Project Management Office(PMO)機能を組み立てる
    社内であれ外部のパートナーであれ、人事PMOはディールの成功にとって極めて重要です。ほとんどの買い手に、ディールの最も重要な側面を監督するEnterprise Integation Management Office (IMO)があります。しかし、IMOは、統合に不可欠な人事ワークストリームを推進することはありません。人的資本戦略、ガバナンス、組織構造、オペレーションのあらゆる側面を管理・実行する強力な人事PMO機能は最優先事項です。多くの人事部門では、この重要な役割はパートタイムまたは日々の業務に加えて実行できると想定しています。場合によっては可能かもしれませんが、賢明な方法とは言い難いでしょう。小さなディールでも、社運を賭けたような大規模ディールと同様に複雑で、時間を要します。
  5. ソートリーダーシップを発揮し、自信を与え、組織の意識を高める
    これは、人事が 重要な責務を担うためにも極めて重要です。組織は、人事がビジネス思考のパートナーになれると確信しなくてはなりません。人事がボトルネックと見なされれば、企業はその機能を回避するでしょう。人事は、組織のビジネスドライバーを明確に理解し、望ましいペースで動き、対応する能力を持つ必要があります。人事がビジネス洞察力やM&Aの経験値を示したガバナンスとプロセスモデルを構築し、「HRロードショー 」を行うことで、ディール前に主要なリーダーシップの 「主要事項 」となります。

ディールが進行中にガバナンス、プロセス、実行、信頼性を構築しようとするのは必要不可欠です。計画性がなければ、ミスステップのリスクが高まり、合併や買収時の人事に対する信頼が損なわれかねません。

ディールは大きなプレッシャーとなります。気を揉んでいる従業員を通常どおりの業務に集中させるのは至難の業です。包括的な人事戦略とプレイブックは、目の前のタスクに再び集中させる上で欠かせません。

従業員はしばしばディールの要となります。対象企業の文化を理解することと、対象企業の従業員がこのディールをどのように見ているかを洞察することは、どちらも極めて重要です。ビジネスリーダーが従業員を重要な資産と見なすにせよ、単に知識の伝達を確保する手段と見なすにせよ、組織に失敗は許されません。また、給与明細の間違い、福利厚生制度加入時の混乱、未解決の懸念事項ほど、従業員の士気を急速に低下させるものはないでしょう。その結果、エンゲージメントが失われれば、ディールの全てが危うい状況となります。だからこそ、人事はすべてのディールにとって重要であり、効果的に実行できなければ、失敗原因の全てにおいて人事の重要性が強調されます。ディールロジックの壮大な戦略ビジョンと信条は、従業員が活力を取り戻し、未来に焦点を合わせ直さない限り、実現されることはありません。戦術的な実行により、組織は戦略的ビジョンに集中できます。

マーサーは、このたびMercer M&A Ready Academyを立ち上げました。お客様がディールの成功に備える上で役立つ包括的なオンラインおよびインタラクティブなトレーニングプログラムです(日本語未対応)。これは、マーサーが人事部門に提供できる多くのツールの1つにすぎません。M&Aは破壊的であり、多くの場合、リソースの不足であり、他のよく運営されている組織にとって未知の領域への旅路が求められます。次のディールの成功を運任せにしてはなりません。準備は、人事サービス分野に限らず、実行の成功に向けた鍵だといえます。

マーサーのグローバルHR M&Aアドバイザリーサービス部門がサポートいたします。人事部門が準備万端であると保証するために、貴社と提携する手筈は整っています。

著者
Scott Gardiner

関連トピック

関連提供サービス
    関連インサイト